『宮沢賢治の真実―修羅を生きた詩人』

宮沢 賢治と言えば 『雨ニモマケズ風ニモマケズ…』『風の又三郎』

くらいしかお粗末な頭では思い浮かばない

では今何故に宮沢 賢治?

それは 恩田 陸 著『蜜蜂と遠雷』

を読み終え、この小説の中の宮沢 賢治『春と修羅』に強い関心を持ち、個人的に夢中になっています。

この『蜜蜂と遠雷』は、第156回直木賞と第14回本屋大賞のダブル受賞作品

内容は国際ピアノコンクールを舞台に人間の才能と運命、音楽を描いた作品で、

その中の二次予選の課題曲の一つが宮沢 賢治春と修羅』です

では『春と修羅』とは一体なんぞや?となり

ネット検索するとその中の一篇『永訣の朝』の 〝Ora Orade Shitori egumo”

(賢治のことを心配し、近くにいてくれた妹とし子が亡くなる時の様子を歌った詩の一節)

そのフレーズ、お粗末な頭でもその言葉を何処かで聞いた事がある・・・

そうです、話題の100万部を超えるベストセラー

第158回芥川賞が若竹千佐子 著『おらおらでひとりいぐも』でした

(老いの孤独を主人公の明るさで堂々と受け入れていく作品)

タイトルがまさしく宮沢 賢治の詩「永訣の朝」の一節です

偶然(?)にもその時の第158回直木賞受賞作品は 門井 慶喜 著 『銀河鉄道の父』

(宮沢 賢治の父、政次郎を描いた小説)

となると本好きは、この結び付きを読まずにいられない!となり、マイブームに至っています

しかし、宮沢 賢治の詩は彼独特の造語や旧仮名遣いで非常に難解!

今野 勉 著 『宮沢賢治の真実―修羅を生きた詩人』

の解説を頼りに読み進めましたが、それでもお粗末な頭では理解できません。(笑)

ただ、今野氏は宮沢 賢治はホモセクシュアルな人を連想させると著者は解説していますね

童話作家だから・・・と、勝手なイメージを作っていた事を覆す程の修羅を生きた詩人の様です

大人になった今だから、もう一度、宮沢賢治を読んでみるのも価値があると思います

    宮沢賢治真実

鎮魂の灯り

今年もまた、先祖や亡くなった方が浄土から戻ってくるお盆(8月13日~16日)が近くになりました。
先月、福井城址お堀の灯り初めて見に出かけ、暗闇に灯る蝋燭の明かりに気分が穏やかになりました。
この福井城址お堀の灯りは、福井空襲や福井震災などの火の手から逃れようとお堀に飛び込み亡くなられた人々を鎮魂し”慰霊”を 捧げる灯りです。有難い事に空襲も地震も知らない世代ですが、心から鎮魂の意を捧げたいと思います。

 昭和20年(1945)7月19日 福井空襲         昭和23年(1948)6月28日   福井地震

鎮魂の灯り(2)

 

 

また、桜の国で

8月15日 終戦の日を前に一冊の本を手にしました
第二次世界大戦の始まりであるドイツがポーランド侵入の時、ロシア人の父を持つ一人の在ポーランド日本大使館外務書記生の運命を描いた 歴史小説です
ポーランドの歴史、恐怖と悲哀を鮮明に描き、日本人としてポーランドのために戦い抜く、人間として友のために生き抜くことを決めた日本人外務書記生、そして”また、桜の国で”の約束だったのですが・・・
この本はポーランドと日本の友好の歴史を知る事も出来ます。
誰もが耳にした事のある「アウシュヴィッツ」もまた、この本に書かれています、ユダヤ人に対し非人道的な扱いをするナチス・ドイツ、いかに非情だったか、いかに戦争は愚かな行為か、他の書物で知っているものの、この本も十分過ぎるくらい伝えて来ます。お盆休暇にでも、是非手に取り読んでみて下さい、お薦めします。

『また、桜の国で』 須賀 しのぶ

世界地図から自国がなくなる経験をしたポーランド、我が国、日本もポツダム宣言を受諾しなかったら、世界地図から消えていたかもしれない。。。

なのに先日、安倍首相は世界で唯一の被爆国なのに、核兵器禁止条約に不参加!!平和を願っていると口で言いつつ不参加、矛盾を感じています。

暑さ、まだまだ厳しいですが、どうぞご自愛下さい。

残暑見舞い

 

 

瑞祥新春

1%e7%91%9e%e7%a5%a5%e6%96%b0%e6%98%a5

十二支や干支の考え方では、酉のつく年は商売繁盛に繋がると言われてます

酉(トリ)は『取り込む』に繋がると言われ、そこから運気もお客も取り込める!と言うものです

また酉の由来に『果実が極限まで熟した状態』と言うものが、そこから物事が頂点まで極まった状態が酉年だと言われています

習い事などで結果が得られたり、学問や商売まどで成果が得られるかもしれませんね

 

☟ 初詣に出かけた足羽神社の近くに冬桜が咲いていました♡

%e5%86%ac%e6%a1%9c%ef%bc%92

高齢者の運転免許自主返納

相次ぐ高齢者ドライバーの事故!
しかも被害者の方が死亡すると言う悲惨な事故が後を断ちません

若い命が犠牲になり老い先短い高齢者が加害者で生きる
何かやりきれないです。

自分だけは大丈夫だと根拠のない自信で、
ブレーキとアクセルを踏み間違えた!、覚えてない!、
では、被害者になられた方は余りに気の毒です。

車は高齢者にとってホント便利な乗り物です
重い荷物も運べる、少し離れた病院にも行ける、安売りのマーケットにも行ける
でも、その車をコントロール出来ないとなれば、一瞬にして車は凶器に変わります

便利な車の免許証の自主返納は難しいかもしれません、
でも、晩節を汚さない為にも、勇気を持って返納する事を選んで欲しいです。
正しい判断が出来る内に。

運転免許証の取得は18歳からの年齢制限があるのにも拘らず、
終了の年齢制限がない、エンドレスです

そろそろ、この運転免許証にも定年制を設けた方が良いかもしれませんね。

福井市は高齢者の運転免許自主返納に対する支援を行っています

http://www.city.fukui.lg.jp/kurasi/koutu/koutu-a/koureisyamennkyohennnou.html

 

☟ 果肉植物の寄せ植えは、事務の出村さんの作品です

%e6%9e%9c%e8%82%89

2016 暑く熱く燃えた夏

 

今年の夏は、気象庁が予測した通り最も暑い夏になり、その暑さに拍車をかけるかように、

8月5日にリオオリンピック、7日には夏の甲子園が開幕

ビッグな スポーツイベントの開催が重なり,スポーツファンや俄かスポーツフアンにはたまらない夏になりました!

リオ五輪開催でチョット影をひそめた甲子園ですが54年ぶりに作新高校が優勝し
高校球児の熱い夏も終わりました

選抜された福井(北陸高校)は惜しくも一回戦で敗退 残念!
そして北陸勢で唯一、二回戦に駒を進めた富山第一も敗退

リオオリンピック開催前は

ジカ熱 テロ 治安の悪さ とマイナス面ばかり報道されて不安要素が一杯でしたが

大きな混乱も被害も無く無事終了し

結果、日本選手は大量のメダルを獲得し笑顔で選手たちも無事に帰国、

小池都知事も五輪旗と共に帰国し

2020東京オリンピック開催もリオ以上のメダル獲得と期待と成功を味わいたいです

選手其々も4年後のメダル獲得を目標にし、今以上に努力を重ねるでしょう

今回の日本勢は大活躍で 金12、銀8、銅21

過去最多の41個のメダル獲得で、大和魂を改めて世界にアピールでき最高の大会になりました

柔道のメダル獲得から始まり、あれよあれよという間に41個

日本とリオの時間差が12時間で、深夜に見る事が出来ず翌朝の速報で

『えっ!?増えてる~~!』と嬉しい悲鳴(笑)

中でも注目度の高い男子400リレー

四人の侍に興奮し、感動! 日本人のレベルアップに感心し燃えました(笑)

500       asuka

10秒を切るスプリンターが一人もいないのに                                   最高に盛り上がった!
                     これこそがチームワーク!!

そんな熱気が残る日本に、まるでその熱気を醒ますかのように、トリプル台風!

こちら福井には台風の影響はありませんでしたが、

北海道に上陸、それも連続で上陸し大きな被害をもたらしました

連続で上陸するのはとても珍しい現象だそうで

台風の統計が始まった1951年以降初めてのことだそうです

連続直撃で被害を受けられた被災者の皆様方に、心よりお見舞いを申し上げます

朝夕、多少の暑さも和らいだ気もしますが

それでも残暑厳しく身体に堪える暑さが続いてます

こらから体調を崩す夏バテ症状が出始めます

    十分に気を付けてくれぐれもご自愛ください

 

 

小さな町のヒストリー(赤坂町史)

先日、保険の更新で伺ったお客様のところで、一冊の本を見せて頂きました
何かな、と手に取り開いたところ、お客様が現在住んでいる地域の歴史を
お客様自身が時間を掛けて取り組み書かれた一つの歴史本でした。
我が町の過去を紐解き、現在に至るまでの由来や経緯を写真入りで説明されています
一冊に纏めるには相当の時間と情報収集に尽力されたそのパワーに、ただただ感服し、興味深く読ませていただきました。我が町を愛する情熱が書かせた本です。

その中の一部をご紹介します

月見町の由来

福井市の中で一番土地の高い所に在りとても見晴らしがよく、
月見をするには一番の場所と言われ、月見町と名が付いたと言われています、《別名「たばこ町」「たばこ通り」》

月見町は赤坂町・山崎町・岡町・今坂町が合併して成立したもので、
「月見せよ玉江の芦を刈らぬ先」
(玉江の葦に穂が出ている。この穂波に映る月はさぞや美しいことであろう。
この葦が刈り取られないうちにしっかり月見をしておこう)との芭蕉の句に由来している。
元禄2年8月15日。『奥の細道』旅中、敦賀での名月の晩、歌枕玉江の芦を見て。
その玉江は諸説あって定まらないが、福井市花堂・江端辺りをいうという。

赤坂町名の由来

寛文十二年(一六七二年)、足羽郡東郷赤坂村からこの地の西側山ろくに阿弥陀如来像を移し、
大仏堂(阿弥陀如来堂)建立したところから、
阿弥陀如来像のもともとの所在地であった赤坂村からとられたと言われている。
本尊阿弥陀如来座像そのものは、足羽一丁目の現安養寺にあり、県指定文化財となっている。

安養寺のしだれ桜と観音様

2016安養寺 001

宝蔵寺 

        寝釈迦如来尊像

宝蔵寺  寝釈迦如来尊像見返阿弥陀如来像があり
その前に横たわる 寝釈迦如来像は見事のものです

寝釈迦像は一般的に お釈迦様が80歳で
入滅された時のものですが こちらの寝釈迦像は35歳で 悟りをお開きになられた
若い頃の表情で 大変珍しいものです。

等々、とても興味深い書物になっています。

私達が普段何気なく通っている場所にも歴史があり、自分が住む町にも歴史があります、我が町を理解し、誇りや愛着がもてるようにしたいものです。

赤坂町史、福井県立図書館に所蔵されていますので、読みたいと思われた方は一度、図書館へ

キャプチャ

 

2016年度もよろしくお願いいたします。

皆様、こんにちは。

4月1日より、弊社も2016年度がスタートしました。

社内をリニューアルして新年度を迎えました。(下の写真参照)

近くに来られた際には、是非お立ち寄りください。

(美味しい珈琲やお茶を用意して、お待ちしています。)

新しい気持ちで、今年度も頑張っていきますので

どうぞよろしくお願いいたします。

DSC_1327

慶 禧 萬 福

 東京ジョー      慶禧萬福      東京あんしん 

今年は暖冬の影響なのか雪のない穏やかなお正月となりました、生活する分には楽なのですが、 やはり降るべきものが降らない、と言うのは所々で支障をきたしているようで、福井の4つのスキー場では開業できない所もあるようです。

2016年の干支は丙の申(ひのえさる)で閏年

申には病や厄が「去る」と云われもあり縁起の良いものとして神社なので祭られています

「申年に赤い下着を贈ると病が治る」や「申年に贈られた下着を身に着けると元気になる」などの言い伝えがあり、

」は病気を防ぐ厄除けの意味もあるので、赤い肌着が良いそうです

申年の今年のプレゼントは赤い下着?なんって

理由も合わせて贈られてみては如何でしょうか?(笑)

   今年一年皆様にとって恙ない平穏無事な年でありますように         eto-saru-hanko2-470x470        

二冊の自衛官

今年になって手にした本の中に自衛隊をモデルにした小説を二冊読みました
一つは『土漠の花』月村 了衛 著 もう一つは『空飛ぶ広報室』有川 浩 著

《土漠の花》は、人道支援を目的として日本からソマリアに派遣された陸上自衛隊隊員、その隊員たちが戦闘事態に巻き込れ必死の逃走劇が書かれた小説

《空飛ぶ広報室》は、不慮の事故でP免になった戦闘機パイロット、資格を失い次に配属されたのは先は防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室。ひと癖もふた癖もある先輩たちの中で広報官として成長していく小説
特に最後の“あの日の松島”は、この本の出版が東日本大震災前だったが、震災があったために追加された話です
実際に映像で自衛隊の活躍を目にしていた私には感慨深いものがありました。

自衛隊には色々な活動制約があり、武力の行使、武器の使用、救助活動以外で私有地に立ち入ることを許可されていない・・・etc

そんな制約の中、二冊の小説では、処分されることも覚悟の上で無理矢理な理屈付けをし、通常の制約を超えた活動をします

《土漠の花》では、自らに対する攻撃への対抗措置として武器使用を判断し、敵対勢力との戦いに踏み込みます
実戦経験のない自衛隊員、訓練では自衛隊随一とされる射撃の名手が、実際に人を撃つという行為に怖気づくところはリアルです。

《空飛ぶ広報室》では、原則を守っていてはとても復興はままならない 起死回生の策を打ち、当時の基地司令が、「基地からの流失物を捜索せよ」、という命令を下し、私有地内の瓦礫の撤去や泥掻きを行います。

税金を使って訓練しているのだから当然だ、と思う人も中にはいるでしょう、でも、いくら給料をもらっているからとは言え、自分の家族の事は後回しにし、知らぬ他人を助ける任務を優先する自衛官、そこまで他人に尽くせるのものでしょうか 頭の下がる思いを感じました。

本の中で言っています

「自衛官は被災地に暖かい食事を届ける能力がある 自衛官の活動が国民の安心になる」

改めて自衛隊に関し、考えさせられる二冊でした。

安全保障法案と集団的自衛権、賛否両論ありますが、願わくば『陸自、海自、空自』から『陸軍、海軍、空軍』になって欲しくないと思います、が、世界を震撼させるテロに対して果たして今まのままで日本を守れるのか・・・複雑です。
「一雨一度」
秋の今ごろは一雨降るたびに気温は1度下がると言われます、
体調管理には十分気を付けて過ごしたいと思います

写真
左はふくい健康の森の銀杏並木
右は“じのもん”を使った“割烹 間海”さんのお弁当 おいしゅうございました♪←(岸 朝子さん風)

aki